秋田RPA協会 お知らせ

「秋田県内のコロナ禍における経済状況と新たな働き方に関する実態調査」
 結果報告


いつも当協会の活動にご理解ご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。

昨年6~7月には、コロナによる景況感やデジタル化への課題について調査を行いました。ご協力いただきました方々へ感謝申し上げます。
今年は、昨年調査のコロナによる景況感の調査に加え、IT/通信インフラの敷衍をベースとした新たな働き方"ワーケーション"についての実態を把握したく秋田ワーケーション推進協会と共同にて調査実施の運びとなりました。

この度、調査結果を公開致しますので、ご確認いただければ幸いです。

調査概要

調査目的:コロナ禍における経済影響と新たな企業活動を支援するための現状の把握
調査対象:県内に本社を有する民間企業・自治体・団体など
回答者:経営者・経営層、情報システム担当者など
調査サンプルの抽出方法:秋田ワーケーション推進協会、秋田RPA協会各会員中心に約1000社対象
調査方法:WEBでの回答
調査期間:2021年3月18日 ~ 2021年4月9日
調査結果の利用方法:個人を特定されない統計情報として、Web、地元メディアでの公開

回答フォームを締め切りました。
ご協力をいただき、誠にありがとうございました。

アフターコロナの秋田経済

新たな日常~ニューノーマルの為に企業はどう生き抜くのか

秋田県内企業におけるテレワーク導入状況調査

結果報告

 秋田RPA協会では、2020年6月~7月にかけて新型コロナウイルス影響下での秋田県内の企業の景況感とテレワークに関する調査を実施しましたので結果を公開いたします。
 ご協力いただき、誠にありがとうございました。

 当協会では、今後も定期的に県内の景気判断のための景況感と最新ITの活用実態に関する調査を実施して、秋田RPA協会会員や秋田県の企業へ結果をフィードバックし、ITの有効活用、推進する活動を行ってまいります。